読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年個人的アニメ(+α)名場面集

今年も素晴らしいアニメをたくさん見れました.その中から特に印象に残った作品をまとめました.

響けユーフォニアム2 関西大会の12分間

今年一番印象に残ったシーンは,ユーフォ2期の「三日月の舞」の演奏.12分間セリフなしにもかかわらず安心の山田尚子演出で何度でも観られる!すごい!(語彙力

最終回もよかったけど3期あるかなぁ・・・

ラブライブ μ's FINAL LOVELIVE

アニメじゃないけど,今年はこれを入れざるを得ない!!3月にFINAL day 1@東京ドームに参戦してきました.その後BD買ったんですが,今観てもこのセトリの満足度は凄い.

なんか未だに僕光聞くと思い出してしまう.

ラブライブ サンシャイン!

そして始まるサンシャイン!アニメ本編まで意図的にAqoursノーマークだったんですけど,μ'sを踏まえながら丁寧に作ってあって良かった!海の家回とか何回も観て笑いました.

ちなみに私は曜ちゃん推しです.

魔法つかいプリキュア!

今年のプリキュアは魔女っ娘!「キュアップラパパ」ってドキプリの「キュピラッパ」みたいだなと思っていたのですが,この前映画観に行ったら幼女先輩めっちゃ「キュアップラパパ」って言ってました.

まほプリも残り少ないけど,キュアモフルン本編出てほしい・・・

ズートピア

ズートピアは予告が面白そうだったので珍しく観に行ったのですが,とても良かったです.人種のように難しいテーマを扱いながら,子供も観れるよう仕上げてくるのはやっぱ凄い.

海外出張の飛行機でも2回観ました.

シン・ゴジラ

今年の実写映画で一番の個人的当たり作はコレ.初めて観た時は迫力と情報量に圧倒され,久々に「あ,これもう1度観に行かないと」と思いました.結局4DX含めて3回鑑賞.

ちょうど昨日公式ガイドブックが届いたのですが,これが学研の図鑑かと思うくらいの分厚さ!


来年も素晴らしい作品に出会えますように.良いお年を.

腰椎椎間板ヘルニア手術体験記

ヘルニア闘病記

前のエントリーで書いたとおり,腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けてきました.

手術前日

手術の前日の朝10時から入院.病室は8人部屋の大部屋.ラッキーなことに通路側だったので,左にしか人がいないとはいえ,結構大人数である.部屋には簡単な棚・小さな金庫とベッドがあるのみ.荷物はまとめてスーツケース1つで入院することにした.一応TVも付いていたが,スマホにフルセグが搭載されているので使わなかった.

前日は特にやることもなく,手術の説明を受けて同意書を書いただけで終わり.手術は翌日の午後からになった.ちなみに手術は立会人が必要だったので,実家から母に来てもらってお願いした.

病院食はこんな感じ.イメージよりずっと美味しい.
f:id:tasusu:20161114180541j:plain:w400
この日の21時から絶食となるため,明日腹が減ってはいかんと思い,21時前に自販機でパンを買って間食していたw

手術当日

当日は9時に先生がやってきて状態を確認.12時からは飲水も禁止になった.13時頃から点滴開始.輸血もできるようかなり太い針を刺すらしいのだが,確かに普段の注射より少し痛かった.ただ大騒ぎする程ではない.
15時前に呼ばれて,検査着みたいな手術着と紙製のパンツに着替えた.母とは手術室の前で別れた.その後,本人確認と麻酔の先生が挨拶してきた.手術室は本当にドラマで観るような感じで,馬鹿でかい照明が天井にあったり.

内視鏡を入れる前に,ヘルニアに造影剤と色素を注入する.ヘルニアに色を付けて周囲の組織と判別しやすくするらしい.これは手術前に受けた造影検査とだいたい同じなのだが,今回は腰の麻酔の効きが悪かったのか,前回よりちょっと痛かった.
これが終わるといよいよ全身麻酔の開始.酸素マスクを付けられて,点滴で麻酔薬を入れるらしい.噂では視界がボヤケるという話もあったが,自分の場合は意識を失うまで完全に普段通りだった.しかしその後,一瞬で意識が飛ぶ.効いている間のことはほとんど覚えていないが,何となくゴチャゴチャ議論している夢を見ていた(気がする).

「終わりましたよ〜」と言われた後,喉から管を抜いたはずなのだが,次に覚えているのは病室のベッドに移される所.手足がガタガタ震えて,電気毛布をかけてもらった.この時点で,右腕に点滴,腰からは血抜きの管(ドレーン),尿管にカテーテルと,全身に管が3本もあって身動きが取れない.とにかく喉が渇いていたので,母ともあまり喋れなかった.
手術は17時過ぎに終わったのだが,18時には夕食が出てきた.かれこれ丸1日何も食べておらずお腹が減っていたのでベッドの上で食べる.ついでに喉の乾きも癒せて助かった.

摘出したヘルニアがこちら.青いのは着色されたからで,本来は真っ白な組織である.
f:id:tasusu:20161117070345j:plain:w400
一番大きな塊は2〜3cmくらいある.こいつが神経を痛めつけて坐骨神経痛を引き起こしていたのであった.

この手術(PELD)は,何と術後2・3時間すると一応歩行ができるようになる.20時過ぎに先生がやってきて,さっそく病院の廊下を歩いてみることになった.この時点で,左足の痛みはかなり軽くなっていた.というか一番痛いのはカテーテルだった.

消灯時間が過ぎても,看護師さんも定期的に点滴の交換と尿の量を調べに来る.自分もほとんど身動きはできないし,カテーテルとドレーンは痛いしで,あまり眠れなかった.

面白いのが,自分でボタンを押すタイプの痛み止め.ボタンを押すと1時間に1回まで痛み止めが使える.夜中の4時くらいから痛くなってきたので何回か押した.痛い→起きる→ボタンを押す→1時間ほど寝る→(以下朝まで繰り返し)

術後1日目

朝食を取った後,腰のドレーンが外れた.これだけでだいぶ痛みが楽になった.その後カテーテルを外したのだが,これは痛かった(そりゃそうだ).今回の入院で「ちょっと変な感じがしますよ〜」と言われたときは大抵痛いことを学んだw

これでカテーテルからは無事オサラバしたのだが,問題は尿が出なかったことであった.昼過ぎにトイレに行ってみたのだが,全然出ない.出そうとしても,尿道が荒れているのか痛くて尿が引っ込んでしまう.このまま出ないと再度カテーテルを入れないといけないかもと言われ,ええいと何とか気合で出したらたくさん出て一安心だった.

管が一本になったとはいえ,やはり点滴があると動きは制限されるし,腰がどういう体勢をとっても痛かったので,この日は大変であった.
夕食後にやっと点滴が終わり,かなり自由になった.

術後2日目

患部のガーゼがこの日から防水のカットバンになって,シャワーを浴びられるようになったので,さっそく浴びてきた.髪がベタベタだったので非常にスッキリした.結局,朝・夕に点滴を2回やっただけでこの日は終了.

術後3日目

術後初めてMRIとレントゲンを撮影.以前はMRI検査中の姿勢が辛く(しかも動いてはいけない!),途中から意識が飛びそうなくらい痛かったのだが,今回は全くの無痛.感動した.
夜に先生とお話し,予定通り翌日退院できることとなった.また,1週間後に経過観察で外来に行くことになった.

術後4日目

朝食だけ食べてそのまま退院.限度額認定証を使ってだいたい9万弱になった.バスで帰るのはさすがに怖すぎたので,病院の入口からタクシーで家の前まで帰って,そのまま横になった.


次回は,退院後の経過から今後について書きたいと思う.

腰椎椎間板ヘルニアになりました

ヘルニア闘病記 ヘルニア

久しぶりの更新がコレとは情けない話ですが,腰椎椎間板ヘルニアになりました.

経緯

2014年10月頃

長時間立っていると左足が痛い.最初は特に気になる感じでもなく,筋肉痛か何かだと思って放っておいた.

2015年12月

だんだんと短時間立っているのも辛くなってきたので,近所の整形外科を受診.

2016年1月

MRIの結果S4/S5,S5/L1にヘルニアを発見.ひとまず保存療法で,リリカを飲み始める.
このリリカという薬,割と新しい薬で神経障害性疼痛に効果がある.結構強い薬なので*1副作用が出てやめる人も多いらしいが,自分は特に何も副作用がなかったので今も飲んでいる.

2016年8月中旬

それまで立っている痛みだけで推移していたが,ついに足が強烈に痛みだして歩くのが困難になってくる(間欠跛行).これまでは痛いのを我慢すればよかったのだが,日常動作が障害されはじめ,ここからヘルニアが全く異なるフェーズに突入したと思う.

2016年9月

間欠跛行に加えて,座っているときにも足が痛んで辛くなってくる.この頃はかなり悲惨で,

  • ホテルのバイキングで椅子が硬すぎて座っていられず10分で退散
  • 出張をしようと思ったら,家のエントランスから出られなくなっていた
  • 地下鉄で座ると痛いのでガラガラなのにわざと立っていた
  • 寝ていても痛みで時間おきに叩き起こされる

など,日常生活に明らかな支障が出てきた.リリカの変わりにサインバルタ(これも神経障害性疼痛の薬)を試したが,こっちは副作用が一発で出て中止.この頃から本格的に手術を考え始めた.

2016年10月

近所の整形外科では限界となり,手術ができる大病院に転院.再度MRIを撮ったものの,全く引っ込んでいなかった(むしろちょっと大きくなっていた).長期の保存療法が効果なしなので,S-MED(PELD)手術でL5/S1を摘出することに.手術は11月中旬.

10月のMRI像.
f:id:tasusu:20161106182950p:plain

という経緯で,自分の場合

  • ゆっくりとヘルニアが進行
  • 保存療法はほぼほぼ効果なし

のため,結局手術になりました.大半の人は保存療法で良くなるらしいが,自分の場合は結局徐々に悪化の一途をたどった.

手術の術式

ヘルニアの手術は色々あるが,今回は経皮的内視鏡腰椎椎間板ヘルニア摘出術(PELD)を受けることになった.

PELDは部分麻酔・日帰り入院でできることもあるらしいが,自分の場合L5/S1で骨盤が邪魔するので,背中からのアプローチとなり全身麻酔.当然,日帰りではない.それでも従来法より傷口や入院期間は短く抑えられるらしい.
いいことずくめのようだが,日本でPELDをできる医師・病院は非常に少なく,有名な医師だと手術待ちも長い(らしい).実は,この8月に赤羽に引っ越しをしたのだが,赤羽からバスで20分程度のところにPELDをやっている病院があって非常にラッキーだった.
病院選びについては以下のブログが非常に参考になった.

ヘルニアは,特に,整骨院やら整体やら鍼灸やら,ネットの情報がまさにカオスになってしまっている.私は根拠に基づく医療派なので,そういうエビデンスの低い情報はカットしたいのだが,結局時間をかけて1つ1つ見ていく他なかった.その中でも,指導医や内視鏡認定医の存在は知らなかったので,とても助かった.

次の更新は,手術後に手術の様子や術後の経過を書いていきたい.

*1:リリカが原因の運転中の事故が報告されている