読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aptana Studio 3でGit, Githubを使う

色々つまったのでメモしておく。

Gitを使う

  1. まずは、EGitプラグインを入れる。Aptana付属のGitプラグインはユーザー名が設定できなかったり、色々と問題があるため。"Help">"Install New Softwares"で、"http://download.eclipse.org/egit/updates"を"Work with"欄に入れて、"Eclipse EGit"を選んでインストールする。
  2. "Navigator"または"Project Explorer"で、プロジェクトの上で右クリックし"Team">"Share Project"を選ぶ。
  3. "Git"を選び、"Use or create repository in parent folder of project"にチェックを入れる。"Create repository"を押してリポジトリを作り、プロジェクトにチェックを入れてFinish。
  4. プロジェクト上で右クリックして、"Team"から色々選ぶことで、コミットや履歴の閲覧などができる。

Githubを使う

  1. "Window">"Preferences"から、"General">"Network Connections">"SSH2"と進む。"Key Management"タブの"Generate RSA key"を押し、SSH鍵を生成。真ん中の大きなテキストボックスの中をコピーする。
  2. Githubの"Account Settings"から"SSH Keys"に進み、さっきコピーした鍵を貼り付けて登録する。
  3. Aptanaに戻り、"Save Private Key"で鍵を保存する。
  4. Githubに、ローカルリポジトリと同名のリポジトリを作る。作ったら、リポジトリのページの上の方の"SSH"のアドレスをコピーしておく。
  5. 再びAptanaに戻る。まずはローカルリポジトリのコミットを済ませておく。次に右クリック、"Team">"Remote">"Push"を選ぶ。URIにさっきコピーしたSSHのアドレスを貼り付ける。
  6. 次の画面で、リポジトリに対する操作を選ぶ。コミットの場合は"source ref"と"destination ref"から、適当なブランチを選んで"Add Spec"する。
  7. 最後に"Finish"すると、Githubにコミットが完了する。