読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漆黒の追跡者(chaser)

午前中に微分方程式論のテストを受けて、午後から解放感とともに四条までちょっくら出かけてきました。色々見てまわって映画館の前を通った時に「あ、コナン今劇場版やってるな」と思って、『漆黒の追跡者』見てきました。
さすがに木曜平日15時台の上映だったのでガラガラ。平日なのにカップル多かったなあ。そんな中、男1人で中央に陣取りコナンを鑑賞!我ながら、あまりにリア充ぶりに涙が出たわ。
※以下ネタバレを含むので、見たくない人は注意!







今回は黒の組織がメインの話なんですが、そんなにTVシリーズや原作でずっと見ていたわけではないので、組織のメンバーがいきなり出てきてびっくり。ジン・ウォッカ・灰原哀あたりの設定までは知ってたけど、ベルモット・ピスコあたりは全然知らなかったので、はじめはストーリーを追うのが大変でした。
ついでに警視庁の刑事もオンパレード。『迷宮の十字路』で登場したおじゃる警部が出てきたときはちょっと笑った。
この間放送になった前作『戦慄の楽譜』ではアクション控えめだったけど、今回は後半30分で鬼のようにアクション三昧。アクションのスケールでは『天国へのカウントダウン』以来かもしれない。
ストーリーは黒の組織が絡んでいるせいか、全体的に暗め。BGMも暗いのが多かった。
ちょっと気になったのが、何でジンがアイリッシュを殺したのか?ということ。アイリッシュにメモリーカードを回収させたはいいものの、何でそこで撃ち殺してしまったのかよくわからなかった。あと、ジンはコナンが明らかにただものではないこと(本人も「何者なんだ・・・」と驚いていた)を認識したはずだが、その後どうなったのかなと思った。また続きがあるのかもしれないですね!
久々に面白い劇場版でした!特に原作やTVシリーズをよく知っている人は楽しめるんじゃないでしょうか!