読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイトの帰りに

地下鉄に乗っていると、オッサンが連れの女の人に、超ハイテンションでダジャレを披露していた。
「北大路、俺が行くと、来たおおじ」
「松ヶ崎、私が先に、待つがさき」
正面に座っていた、関係ないクールそうなお姉さんが、唇をプルプルさせていたのを俺は見逃さなかった。